矯正歯科で大人の歯を矯正する|ピカッと輝く口元は自信の証

様々な診療プランがある

歯型

横浜や大都市にある歯科は虫歯治療や歯周病治療以外の診療内容も取り扱っています。例えば、矯正治療や審美治療です。そういった診療には特殊な機械や技術が必要で、専門的な歯科もたくさんあります。

More Detail

銀歯をセラミックに変える

院内

長年続く体の不調は銀歯のよる金属アレルギーの可能性があるのです。保険適用できる銀歯を選択する人は多いですが、金属は時として体の不調をまねきます。最近は金属アレルギーの起きないセラミックの被せ物もあります。

More Detail

毎月の処置料も必要

院内

歯並びにコンプレックスを持っている人は少なくありません。輝く口元は自信の証です。笑ったときや話すときに相手は歯並びが目に入ってしまうでしょう。それを気にして治療をしたいという人がたくさんいるのです。また、小さいときに矯正治療が行なえず大人になってから矯正歯科を訪ねるという人も増えています。大人になってからだと成長が止まっているから歯がなかなか動かないといわれています。しかし、骨の成長が止まっているからこそ理想通りの矯正をすることができるのです。多くの矯正歯科で行なわれ散る大人の歯列矯正方法がブラケット矯正です。昔からある、歯の一本一本に装置を付けて行なう矯正法がこのブラケット矯正と呼ばれているものです。このブラケット矯正は細かい調節ができるのでいろいろな歯並びに対応できる優れた方法です。大人の歯をこの方法で治療するときは80万円前後の費用が必要になります。治療は凡そ2年から3年かかり、その間処置料として毎月約5千円ほど窓口で支払います。ですから、トータルで90万円前後の費用を矯正歯科に払うことになるのです。もう少し費用に余裕があるのなら、目立たない裏側矯正という方法で治療をすることもできます。矯正歯科では裏側矯正のことをリンガルブラケットとも呼んでいます。舌が当たる歯の裏側にブラケット装置を装着するので、人に装置を見られることなく治療を進めることができるのです。この治療には120万円ほどの費用と毎月の処置料1万円前後がかかります。矯正期間は普通のブラケット矯正と変わりません。

自宅で行える方法

カード

白い歯を手に入れるためにホワイトニングを行なう人はたくさんいます。阿倍野にある歯科では自宅で行なう方法と歯科医院で行なう方法を組み合わせたデュアルホワイトニングで治療することができるのです。

More Detail